homeへ

私たちのこと、日々のこと、家づくりのことなどなど。

お客様の声

お知らせ

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
前月 翌月

アーカイブ(半年分)

バックナンバー


I様邸完成間近です。

2015年06月29日(月) | 建築過程(新築)

            

 

            

            

足場も取り払われて外観があらわになりました。平屋建ての入母屋作りです。外壁は、ベージュ色の落ち着いた色合いで瓦は平瓦の銀黒色です。また、軒先が柱芯から1m近く出ていることが大きな特徴となっています。サッシは、エアサイクル専用の樹脂製サッシとなっていまして、断熱性能も非常に優れています。また、外壁については、ニチハのドライジョイント工法というコーキングをしないものを採用しました。

          

玄関になります。玄関は、真壁として檜の柱をみせるようにしました。また、天井は、檜羽目板をはりました。

          

          

          

玄関を入ってすぐに大きなリビング・ダイニングの部屋になります。天井は梁表しの勾配天井として、檜の羽目板を張りました。非常に解放感のあるゆったりした空間が出来上がりました。

          

          

キッチン側から見ても非常に広々としてます。腰板についても、檜の羽目板を張りました。

          

キッチンは対面キッチンとしました。あと少しで、養生も外して使えるようになります。

           

           

           

           

この空間は、お客様の要望により、音楽を聴く部屋になります。薄紫に見える部分は、布生地を張ったもので、すべてお客様の指定になりますが、この面積と配置によって、音の響きがよくなるという事です。その周りは、すべて天井も壁も檜の羽目板を張りました。また、トップライトを設けたので、非常に明るい空間となっています。

            

            

寝室になります。この部屋も、天井と腰壁が檜の羽目板になります。  

                                      

トイレになります。まだ便器はついてませんが、腰壁が檜羽目板で、幅が4.5尺と少し広めになります。

            

洗面・脱衣室になります。この部屋も天井・腰板と檜の羽目板となっています。

 

 

内部の仕上は全体的に檜の羽目板を非常に多く使いました。また、天井が2.7m以上の部屋がほとんどで、勾配天井や、3mの天井の部屋もあり、非常に広く開放感を感じられる空間となりました。また、フローリングは、養生で隠れていますが、サクラのフローリングを使用しました。薄いピンク色の無垢材です。フローリングは、完成後に写真をアップしようと思います。完成後が非常に楽しみです。


homeへ